本文へスキップ

少人数巡回型指導で成績向上を目指します。高松市太田下町 理数系専門 佐々木学習塾

電話でのお問い合わせはTEL.087-866-8091

〒761-8073 香川県高松市太田下町2456-11

トップ講師からのメッセージ−スランプ脱出法

スランプ脱出法


今回のテーマは、「スランプ脱出法」です。
がんばって勉強をしているのに、成績が伸びないどころか下がってしまう、そのような経験はないでしょうか。このようなスランプの時期は、努力する人は誰にでも訪れるものです。その原因と脱出法についてお話しします。

スランプと感じたら

努力しているのに、その成果が成績に現れないと感じる事があります。そのようなときに、スランプに陥ったと感じる事があります。
しかしスランプは、「思い込み」「勘違い」を原因とすることが多いようです。
勉強量と学力は、単純な比例関係にあるのではありません。
成長の過程では、順調に伸びる時もあれば、伸びが停滞することも必ずあります。
学習内容は日々変わっています。得意な分野はあまり努力しなくても点数がとれるかもしれませんし、苦手な分野はかなりの努力をしても点数につながらないこともあります。

また、診断テストのような範囲の広い実力テストでは、努力が成果として現れるのに数ヶ月かかるとも言われています。
スランプに陥ったときは、思い込みや勘違いではないか確認してみましょう。
なお、努力をしていなくて成績が伸びないのは当然のことで、それはスランプとは言いません。その場合はまず努力をしましょう。

なぜスランプが起きるか

次に、なぜスランプが起きるかについて話します。

勉強をして,新しい知識が手に入ると、脳では知識の整理整頓が行われます。その時、うまく整頓できない内容が含まれていると、整理整頓に時間がかかることがあります。
この場合は、整頓が終われば、その分野の知識が完成し、自分のものとなるのです。

また、学習によって新しい問題の解法を手に入れると、これまで習得してきた解法を捨て、新しい解法に切り替える必要があります。この新しい解法に慣れるまでは、切り替えがうまくいかず、スランプ状態に陥ることがあります。
この場合も、一旦新しい解法を習得してしまえば、大きな進歩を手に入れることができるのです。

できるはずの問題が、できない

スランプの時には、「できるはずの問題ができなくなった」と感じる事があります。
しかし、本当にその問題は、本当にできるはずだったのでしょうか。
スランプだからできなかったと単純に考えるのではなく、できなかった原因を追求しましょう。元々持っていた自分の弱点が表面化したとか、そもそも十分に理解していなかったなど、原因の本質が明らかになるはずです。

スランプの時期でも勉強はやめない

成績が上がらないスランプ期は、勉強がよりつらく感じられるものです。
どうやっても成績が伸びないスランプの時期は、思い切って休んでしまえばいいという人もいますが、本当にそうでしょうか。
スポーツの世界では、体の疲労回復のための休養には効果がありますが、勉強では気分転換を越えた長い休みには効果はなく、単に時間を浪費するだけになってしまいます。
休んでいる間に、ライバルはどんどん先に行ってしまうのです。

スランプを脱出したかったら、とにかく勉強を続けましょう。
つらく感じるなら、やり方を変えたり、基礎練習を中心にしてみましょう。テキストを変えるなどして気分を一新するのも、ひとつの方法です。

努力を続け、ある時期を乗り越えると、成績が急上昇する時が突然やってきます。
あきらめずに勉強しつづけることが、スランプを脱出する唯一の方法です。

最後に

「朝の来ない夜はない」という格言があります。それに、「夜明け前が一番暗い」とも言われます。試練には必ず脱出の道が備わっているものです。しかし努力を怠る者には道は開かれません。
スランプは飛躍のための助走期間です。スランプの時でも自分を信じて努力を続けて下さい。そうすれば必ず道は開かれます。

(この下はネット広告スペースで、佐々木学習塾とは関係ありません)

information

佐々木学習塾

〒761-8073
香川県高松市太田下町2456-11
TEL. 087-866-8091
FAX. 087-897-4101
Mail. juku08@sasakijuku.jp
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい